top of page

リボンレイの気持ち



今年卒業のお子様のためはもちろん、「お友達は来年卒業なんだけど、自分は本帰国した後なので渡せないから」  と、来年、はたまた再来年(!)の分も作られる方もいらっしゃいました。


また卒業式ではなく、「結婚記念日のお友達にレッスンをプレゼントしたい」 と仲良くリボンをちくちく縫う生徒様もいらっしゃいました。


中学校のファンドレージングイベントではレイクラスにグループで参加して、お揃いのレイをBFFのアイテムのように首にかけて走り回っている女子中学生もいました。


「作るのは自信がないの」、「時間がないの」 という方には完成品をお求め頂きました。


たくさんの方にご利用いただいて本当に感謝しています。



こんな嬉しいお知らせも頂きました。





アメリカ各地で卒業式が行われています。

卒業式の写真をSNSなどで見かけることが多くなりました。


たくさんのレイを首にかけ、少し恥ずかしそうに&でも誇らしげに親御さんとお写真に写っている卒業生たち。見ていて嬉しくなりますね。


ULANAのリボンレイが皆様の人生の節目を彩るアイテムとしてお役に立てれば幸いです。

卒業生の皆様、親御様、おめでとうございます!



※HP上のリボンレイクラスのご案内は6月末で閉じさせていただきます。

卒業式が終わっても ”発表会やお祝いなどで必要な時” や ”趣味で作りたい” という時はいつでもご連絡下さいね。






閲覧数:32回

Comments


最新記事

bottom of page